イギリス哲学・哲学史研究会

イギリス哲学・思想系の若手研究者の交流の場として、2012年11月より全国で活動を続けております。

第7回 イギリス哲学・哲学史研究会

日時:2016年11月12日(土)、13日(日)

会場:島根県立津和野高校同窓会館

                                      

プログラム(発表45分、質疑応答35分)

 

一日目

 

石井雅巳(津和野町)9:00~10:20

「翻訳の/と哲学――西周を導きの糸として――」

 

岡本慎平(尾道市立大学)10:30~11:50

明六社とJ.S.ミル――明治日本におけるイギリス哲学の一側面――」

 

休憩 11:50~13:20

 

八重樫徹(東京大学)13:20~14:40

「公平な観察者の感情:ヒューム、スミス、フッサール

 

松本大輝(東京大学)14:50~16:10

「写真の透明性テーゼとは正確に言ってどのような主張か」

 

葛谷潤(日本学術振興会特別研究員PD・専修大学)16:20~17:40

「言語の説明はなぜ思考の説明ではないのか」

 

懇親会 18:00~20:00

 

 

二日目

富山豊(東京大学)9:00~10:20

「ダメット的反実在論と「観念論」はどのような関係にあるのか」

 

長門裕介(文京学院大学)10:30~11:50

「人生の評価をめぐって何が問題になるのか」

 

休憩 11:50~13:00

 

関連史跡訪問(西周旧居、藩校養老館etc.) 13 :00~17:00

 

世話人佐藤暁日本学術振興会特別研究員PD・首都大学東京

第6回 イギリス哲学・哲学史研究会

日時:2016年2月27日(土) 10:00~17:00

会場:徳島大学常三島キャンパス 大学開放実践センター二階   ファカルティ・ルーム

 

プログラム(発表25分、質疑応答20分)

 

川瀬和也(徳島大学)10:00~10:45

「現代の英語圏におけるヘーゲル研究の状況について」

 

富山豊(東京大学)11:00~11:45

ダメットとブランダムの推論主義は何が違うのか」

 

休憩 11:45~13:15

 

八重樫徹(東京大学)13:15~14:00

「何が可笑しいのか:ユーモアを説明することの意味について」

 

松本大輝(東京大学)14:15~15:00

「モダニズム絵画における自己批判の論理 ―N. グッドマンの記号論の観点から―」

 

葛谷潤(東京大学)15:15~16:00

エヴァンズによる思想の二つの区別について」

 

鈴木佑京(東京大学)16:15~17:00

「存在論的コミットメント――反実在論的観点から」

 

 

 

世話人佐藤暁日本学術振興会首都大学東京

第5回 イギリス哲学・哲学史研究会

イギリス哲学・哲学史研究会第5回例会

 

日時:2015年2月28日(土)10:00〜17:00
会場:福岡市立南市民センター第一会議室

 

プログラム(発表時間は40分、討論時間は35分)

 

10:00~10:10 自己紹介
10:10~11:25 後藤 真理子(九州大学大学院修士課程)
「E. J. LoweのFour-category ontologyに関する検討」
11:25~12:45 休憩
12:50~14:05 松本 大輝(東京大学大学院博士課程)
「Seeing-in説における「二重性」と「視覚的な気づき」」
14:10~15:25 西川 耕平(慶應義塾大学大学院博士課程)
「制度論者ドゥルーズから見たヒューム」
15:30~16:45 酒井 健太朗(九州大学大学院博士課程)
「プロニモス(思慮ある人)になるために
――徳認識論から見たアリストテレス倫理学――」
16:45~17:00 次回の打ち合わせ

第4回 イギリス哲学・哲学史研究会

イギリス哲学・哲学史研究会第4回例会

日時:2014年3月17日(月)・18日(火)
会場:RCC文化センター(広島県広島市中区橋本町5-11)
一日目:606号室(10:00-17:00)
二日目:606号室(10:00-12:00)/607号室(13:00-17:00)

 

プログラム(発表時間は50分、討論時間は40分)

 

一日目(3月17日・月曜日)
10:00-10:20 集合・自己紹介
10:20-11:50 酒井健太朗(九州大学大学院博士課程)
「『ニコマコス倫理学』Z巻第11章における「思いやりのある見識」について――徳認識論との関係から――(仮)」
12:00-12:50 昼食
13:00-14:30 八重樫徹(日本学術振興会特別研究員PD/大阪大学
「感情の対象」
14:40-16:10 萬屋博喜(日本学術振興会特別研究員PD/関西学院大学
「ヒュームにおける認識的正当化と認識的徳――「資格原理」に関する一考察――」
16:20-16:50 情報交換(文献紹介、学会情報など)
17:00- 懇親会

 

二日目(3月18日・火曜日)
10:00-11:30 佐藤暁駒澤大学非常勤講師/東京大学研究員)
「意味概念探究としての意味理論探究:ダメット「意味理論とは何か」冒頭部の検討」
11:40-12:50 昼食
13:00-14:30 長門裕介(日本学術振興会特別研究員DC2/慶應義塾大学大学院博士課程)
「戦争倫理における危害正当化と人生の意味:権利論と相互了解に着目して」
14:40-16:10 岡本慎平(広島大学大学院博士課程)
「J. S. ミルにおける精神の化学(mental chemistry)――道徳科学の方法論とその階梯について――」
16:20-17:00 次回打ち合わせ

第3回 イギリス哲学・哲学史研究会

イギリス哲学・哲学史研究会第3回例会


日時:2013年8月24日(土)・25日(日)
会場:北海道大学札幌キャンパス 人文・社会科学総合教育研究棟W205

 

プログラム(発表時間は50分、討論時間は40分)

 

一日目(8月24日・土曜日)
10:00-10:20 集合・自己紹介
10:20-11:50 山本忍(北海道大学大学院修士課程)
「J.S.ミルにおける徳・幸福・快楽の関係性について」
12:00-12:50 昼食
13:00-14:30 長門裕介(慶應義塾大学大学院博士課程)
「生の目的と評価:構造化・合理化・重みづけ(仮)」
14:40-16:10 萬屋博喜(日本学術振興会特別研究員PD/関西学院大学
「ヒュームにおける「意志の弱さ」の問題」
16:20-16:50 情報交換(文献紹介、学会情報など)
17:00- 懇親会


二日目(8月25日・日曜日)
10:00-11:30 新川拓哉(北海道大学大学院博士課程)
「どのように素朴実在論は動機づけられるのか?」
11:40-12:50 昼食
13:00-14:30 池田誠(北海道大学大学院博士課程)
ロールズとシジウィック――(あらためて)反照的均衡概念をめぐって(仮)」
14:30-15:00 次回打ち合わせ

第2回 イギリス哲学・哲学史研究会

イギリス哲学・哲学史研究会第2回例会

 

日時:2013年3月2日(土)13:00〜17:00
会場:東京大学駒場キャンパス14号館3F会議室

 

プログラム(発表時間は30分、討論時間は20分)

 

10:00~12:30 林誓雄、佐藤岳詩、杉本俊介三氏との打ち合わせ

13:00〜13:15 自己紹介・次回の開催について
13:15〜14:05 川瀬和也(東京大学日本学術振興会特別研究員DC)
マクダウェルの「陶冶」概念について」
14:10〜15:00 佐藤岳詩(京都大学日本学術振興会特別研究員PD)
「R. M. ヘアにおけるコミットメントの問題について」
15:05〜15:55 杉本俊介(京都大学
「プリチャードのジレンマ」
16:00〜16:50 鈴木雄大東京大学
「二つの理由概念にもとづく行為の反因果説擁護:
Jonathan Dancyの『Practical Reality』に鑑みて」

 

第1回 イギリス哲学・哲学史研究会

イギリス哲学・哲学史研究会第1回例会

日時:2012年11月10日(土)
会場:京都大学大学院文学研究科新館第3演習室

プログラム(発表時間は40分、討論時間は30分)

13:00 集合・自己紹介
13:20-14:30 峯岸明弘(東京藝術大学大学院美術研究科修士課程)
「ヒュームにおける趣味の基準
――美的性質・繊細さ・反省」
14:40-15:50 岡村太郎(京都大学大学院文学研究科修士課程)
「ヒューム哲学における抽象観念としての自己」
16:00-17:10 林誓雄(日本学術振興会特別研究員PD/立命館大学
「ヒュームにおける一般的観点 再考」(仮)
17:20-17:50 次回打ち合わせ等
18:00- 懇親会